検索
  • HP管理

第52回兵庫県少年剣道の集い

6月23日(日)に、年間でも最も重要な試合の1つである、「兵庫県少年剣道の集い」が行われました。


参加は91チームの大規模な大会

この大会は、通常と異なり「型」と「一本試合」の団体戦で予選リーグを戦います。


白が巌剣修会の大将

団体戦は5人ですが、型で5人対戦、一本勝負の試合で5人対戦、計10試合をやった計算で、勝敗を決します。型のウェイトが大きく、引き分けの場合は、型の勝者数で上回ったなチームが進みます。


巌剣修会は、予選リーグで太子丹生会さん、能勢武勇館さんと、どちらもベスト8以上の常連の超強豪とのリーグとなりました。型では、先鋒はいずれも1-2という惜敗(1-2は、どちらが勝つか審判の先生の考え次第というスコアです)、大将は5年生ながら両チームにも勝利という立派な対戦でしたが、他のメンバーは及ばずの結果で、予選リーグ突破はなりませんでした。


この試合のために、しばらく前から特訓を積んできました。その甲斐あり上達著しく、他のチームとは遜色のない型に仕上がっていました。組み合わせ次第では...と先生方も評してくださいました。


7月21日の日本武道館への遠征は、今回と同じ形式での大会となります。

今回及ばなかった部分を稽古で磨き、更なる飛躍ができるよう応援しています。


325回の閲覧0件のコメント