検索
  • HP管理

第一回近県少年少女選手権大会(鈴木杯)


円心会さん主催の記念すべき第一回大会が、1月25日宝塚市立総合体育館で行われました。

様々な県から選りすぐりの強豪チームさんたちで争われました。


本大会は、"時間無制限一本勝負の個人戦"というなかなかない形式です。3〜4人のリーグ戦から1人勝ち上がり、その後決勝トーナメントとなります。各学年100人ほどの剣士が争います。また、4,5,6年の優勝者によるリーグ戦にて、鈴木杯を争うというものでした。


巌剣修会からは、5年2人、4年3人、3年2人、2年1人の陣容で挑みました。それぞれ、リーグ戦も強者ばかりで、2勝はしたもののあと1勝、という闘いや、3人同率に並んだ場合の巴戦(連続2人勝利するまで3人で戦い続ける)であと1勝というところまでいって敗れるなど、惜しいリーグ敗退が続きました。


そのような中、ふだんは3年の2番手の選手が見事リーグ突破。決勝リーグ1試合目も、鋭い引き面や小手をきめつつ迫りましたが惜しくも涙をのみました。


開放されていたサブアリーナでは、申し合わせ試合も行い、強豪チームさんとこちらも良い練習もできました。


最後は4-6年生の優勝者による白熱した闘いののち、主催された円心会さんの6年生が見事鈴木杯を授与されることになりました。


一本試合という形式で、参加者もハイレベルな緊張感あふれる試合は、とても良い経験になったのではないでしょうか。それぞれに、あと1つを取って上にいくにはどうするか、課題も見つかったと思います。


素晴らしい大会、なおかつ来週も連続で大会を主催される円心会のみなさんに、ほんとうに感謝いたします!

59回の閲覧

最新記事

すべて表示

スポ少錬成会

今年初めてのスポ少錬成会が1月19日に行われました。 事情でお休みになった剣士もいて、ふだんとことなるメンバーの組み合わせとなりましたが、逆によい経験になったのではないでしょうか。 2年生が大将をつとめた低学年は、4年生が主体の本気の強豪低学年チームには大いに揉まれていましたが、落ち込むことなく胸を借りて果敢に挑んでいく姿が、相手チームの保護者さんにも好印象のようでした!

剣士募集中! Email: iwao.kenshukai@gmail.com

© 2023 by Roundhouse. Proudly created with Wix.com